楽鉄

楽しい列車 前面展望車両(パノラマ車両) 観光列車やSL・キッズトレインなどを紹介しています

観光列車

せとうちエリアの旅には優雅な観光列車ラ・マル・ド・ボァ号で!

更新日:

 

2016年春の「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン」並びに同時期に開催された「瀬戸内国際芸術祭2016」と岡山市内の「IMAGENEERING ART PROJECT」などに合わせて運転が開始されたラ・マル・ド・ボァ号。今回はラマルせとうち号の下りに乗車して来ましたので車内の様子等を含めながら併せて予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・座席表・オススメ座席・見どころなどをご紹介します。

運賃・料金

ラ・マル・ド・ボァ号 全区間 グリーン車指定席です。
乗車券の他にグリーン車指定席料金が必要です。
下記に料金の1例をご紹介します。
ラ・マル せとうち 岡山ー宇野
乗車券:大人580円 子供290円
グリーン車指定席料金:大人・子供同額 770円
ラ・マル しまなみ 岡山ー尾道
乗車券:大人1,320円 子供660円
グリーン車指定席料金:大人・子供同額 980円
ラ・マル ことひら 岡山ー琴平
乗車券:大人1,330円 子供660円
グリーン車指定席料金:大人・子供同額 980円
※青春18きっぷの利用は出来ませんので注意して下さい

運転日

ラ・マル・ド・ボァ号は土曜日・日曜日・祝日を中心運転しています。
運転日についてはJR西日本のホームページや市販の時刻表を再度ご確認下さい。

時刻表・停車駅

ラ・マル・ド・ボァ号の停車駅と時刻を掲載しています。詳しくは下記の表を参照してください。
運転時刻・停車駅はJR西日本のホームページや市販の時刻表等で再度確認下さい。

発売開始日・予約方法・空席照会

乗車日の1か月前の10時から全国のみどりの窓口 主な旅行会社 インターネット(JR西日本e5489)で予約可能です。インターネットで空席照会も可能です。シートマップも表示されるので希望の席番を取る事も可能です。

車両編成

初代マリンライナーで活躍していた213系電車を改造して運転しています。
編成は下記の通りです。

岡山駅に入線する「ラ・マル・ド・ボァ」

車内へご案内

車内の様子をお届けします。

1号車

座席表を掲載します。

1号車 車内の全体の様子です。


 

 

 

 

運転席の後ろに設けられたサイクルスペースです。


 

 

 

 

座席の様子です。リクライニングシートとカウンター席が設けています。


 

 

 

 

サイクルスペースの所には記念撮影用のボードと帽子が用意されています。
車端部のトイレの横には沿線案内のパンフレット設置コーナーがあります。
ここに乗車記念用のスタンプと乗車記念カードが準備されています。

2号車

こちらも座席表を掲載します。
席番・座席配置が1号車と違います。

2号車 車内の全体の様子です。


 

 

 

 

2号車も運転席の後ろにサイクルスペースが設けています。


 

 

 

 

1号車と座席の仕様は同じなのでリクライニングシートの座席カバーと
カウンター席の段差部分のご紹介です。


 

 

 

 

2号車には物販コーナーが設けられています。

物販コーナーでラ・マル・ド・ボァのロゴの入った今治タオルを購入しました。

 

スポンサーリンク

ラ・マル せとうち お楽しみ

この列車は途中、停車駅はありませんが何度か列車の行き違いで停車はします。
その中で、ラ・マル・ド・ボァに塗装変更した八浜駅で7分の運転停車をします。
観光列車ならではの計らいで下車も可能です。

 

 

 

 

 

7分間停車するので写真は撮り放題です。

 

 

 

 

 

今回は下り(岡山→宇野)に乗車しましたが、上り列車は八浜以外に早島にも運転停車をして下車出来るとの事でした。
因みに早島ではアンパンマントロッコ運転時には行き違いをするようです。
アンパンマントロッコは別ページにてご紹介しています。詳しくはこちらをご覧ください。

乗車特典

乗車の特典をご紹介します。

 

 

 

 

 

記念乗車とスタンプです。又沿線に関係のあるポストカードもいただけます。
どちらも1号車に用意されています。

 

 

 

 

 

検印もラ・マル・ド・ボァ専用で嬉しいですね。
乗車すると専用のおしぼりも・・さすがグリーン車ですね。

 

 

 

 

 

缶バッジは宇野駅でいただけます。コースターは物販コーナーで・・・

オススメ座席

座席はカウウター席と転換リクライニングシートの2種類あります。
カウンター席であれば1号車は13番以外 2号車は18番以外であればどの席も同じかと思います。
リクライニングシートですが窓枠と座席がいまいちあっていませんね。
あくまで個人的意見ですが1号車・2号車ともに下りは4、6番 上りは5番、7番が良いと思います。

ラ・マル・ド・ボァ号に乗れるツアーのご紹介

ここではラ・マル・ド・ボァ号に乗れる旅行会社のツアーをご紹介します。
鉄道の旅特集のページからご希望のツアーをお探しください。

  【阪急交通社 観光列車・ローカル列車の旅】はこちらから阪急交通社のツアー
TOPページの右上テーマから【もっと見る】を選択
テーマ別の旅行が表示されます。
中段の辺りに【観光列車・ローカル列車の旅】があります。
これをクリックすると阪急交通社で催行している列車の旅のツアー一覧が掲載されています。

 

-観光列車
-,

おすすめトピック

Translate »

Copyright© 楽鉄 , 2019 All Rights Reserved.