楽鉄

楽しい列車 前面展望車両(パノラマ車両) 観光列車やSL・キッズトレインなどを紹介しています

観光列車

観光列車「特急かわせみ やませみ」球磨川を眺めながら走る列車の車内の様子やオススメ座席・運転ダイヤや予約方法等をご紹介

更新日:

スポンサーリンク

2017年3月 D&S列車 11番目として水戸岡デザインで登場した観光列車「特急かわせみ  やませみ」号
九州でも有数の景勝地、日本三大急流の一つ球磨川沿いを走る肥薩線を熊本から人吉まで1日3往復しています。
その列車に乗車して来ましたので車内の様子や、見どころ、お薦め座席や予約方法・時刻表・停車駅等をご紹介しています。

運賃・料金

特急「かわせみ やませみ」は全区間 全車指定席(1・2号を除く) 運賃の他に特急料金が必要です。
例:熊本~人吉間
運賃:大人1,820円 子供910円
特急料金:大人1,450円 子供720円
やませみベンチシート利用の場合はプラス210円が必要です。

運転日

特急「かわせみ やませみ」は毎日運転しています。

発売開始日・予約方法・空席照会

乗車日の1か月前の10時から全国のみどりの窓口 主な旅行会社 インターネット(JR九州ネット予約 JR西日本e5489 JR東日本えきねっと)で予約可能です。インターネットでも一部の席の空席照会も可能です。シートマップも表示されるので希望の席番を取る事も可能です。(但し、シートマップに表示されない席もありますのでご注意下さい。)
【えきねっと】での予約はこちらからびゅうJRで行く国内ツアー|えきねっと

時刻表・停車駅

特急「かわせみ やませみ」号の停車駅と時刻を掲載しています。
時刻や停車駅についてはJR九州のホームページや市販の時刻表を再度ご確認下さい。

車両編成

キハ47 8087(かわせみ)+キハ47 9051(やませみ)の2両編成で運転されています。 予備車としてキハ140 2125(いさぶろ・しんぺい)が増結される場合があります。
かわせみ やませみ

人吉駅に隣接されている人吉鉄道ミュージアム「MOZOCA」の屋上より撮影

車内のご案内 かわせみ

かわせみ車両は1号車になります。座席表を参照しながらご覧ください。

かわせみ やませみ

 

 

 

 

 

車両の側面に掲げられたかわせみのエンブレムです。

 

 

 

 

 

転換クロスシート区域と天井のデザイン

 

 

 

 

 

カウンター席です。チャイルドシート席があるのが人吉行きに乗車した際、左手になります。
反対がのカウンター席が4席です。

 

 

 

 

 

サービスカウンターと展望コーナーです。このサービスカウンターに車内専用のスタンプが設置されています。
かわせみのサービスカウンターは今回はクローズでした。
不定期ですが球磨焼酎酒造組合様による焼酎PRなどを行っているようです。

 

 

 

 

 

15番席 16番席のソファー席です。


 

 

 

 

転換クロスシート側から展望コーナー方向を見た画像

車内のご案内 やませみ

やませみ車両は2号車になります。座席表を参照しながらご覧ください。

かわせみ やませみ

かわせみ やませみ かわせみ やませみ

 

 

 

 

 

車両の側面に掲げられたやませみのエンブレムです。

 

 

 

 

 

ショーケース付近から運転席への画像と転換クロスシートの座席画像


 

 

 

 

カウンター席です。青色の4席が人吉行きに乗車した際、左手になります。
反対がのカウンター席ががやまなみベンチシートです。

 

 

 

 

 

サービスコーナーとショーケースです。
ショーケースには沿線の八代市、球磨村、人吉地方の特産品や「翡翠」の模型を展示しています。
サービスカウンターでは軽食やオリジナルグッズの販売をしています。

 

 

 

 

 

運転席のすぐ後ろにあるソファ席です。青色が14番席 緑色がが15番席です。

 

 

 

 

 

カウンター付近にあるボックス席です。2人用が3番席 4人用が2番席です。

 

サービスカウンター前にあるボックス席 1番席です。

 

 

 

スポンサーリンク

見どころ

特急「かわせみ やませみ」の見どころはやはり、日本三大急流の一つ球磨川沿いを走る車窓ではないでしょうか。進行方向人吉に向かって八代を出た列車は、鎌瀬までは球磨川を右手に鎌瀬を出て球磨川第一橋梁を渡ると左手に眺める事出来ます。球磨川の眺めは鎌瀬を出てからの方が長いです。車窓の眺めは肥薩線にてご紹介しています。詳しくは下記をご覧ください。

 【肥薩線】
登録有形文化財の嘉例川駅、「真の幸せに入る」真幸駅、日本三大車窓とループ線とスイッチバックの大畑駅、急流の球磨川の絶景が楽しめる肥薩線は4本の観光列車「かわせみ やませみ」「いさぶろう・しんぺい」「はやとの風」「SL人吉号」が走る人気路線です。車内からの景色や観光地など・・続きを読む

乗車特典

 

 

 

 

 

特急「かわせみ やませみ」の記念乗車証とスタンプと記念撮影用のグッズです。

観光列車かわせみ やませみ号に乗れるツアーのご紹介

ここでは観光列車かわせみ やませみ号に乗れる旅行会社のツアーをご紹介します。

鉄道の旅特集のページからご希望のツアーをお探しください。

近畿日本ツーリスト 観光列車の旅
近畿日本ツーリストでは列車に乗ること自体が、旅の目的になる観光列車や寝台列車のツアーを
数多く設定しています。
 クラブツーリズムで行く観光列車の旅特集
流れる景色から眺める日本の山、海、里・・・・魅力あふれる鉄道の旅へ
観光列車やイベント列車、ローカル線の列車の旅まで多くのツアーを
設定しています。
JTB列車の旅
期間限定列車やローカル線の旅、寝台列車、SLから観光列車まで多くの列車の
ツアーが設定されています。
【阪急交通社 観光列車・ローカル列車の旅】はこちらから阪急交通社のツアー
TOPページの右上テーマから【もっと見る】を選択
テーマ別の旅行が表示されます。
中段の辺りに【観光列車・ローカル列車の旅】があります。
これをクリックすると阪急交通社で催行している列車の旅のツアー一覧が掲載されています。

オススメ座席

特急「かわせみ やませみ」は座席の好みに個人差が出る車両だと思います。個人的には車窓を楽しみたいのですが、カウンター席の背もたれが木なので、長い時間座ってっているはかなりきついかと思います。なので転換クロスシートが一番いいかと思いますが、またまた窓枠を気にしない座席配置です。
この転換クロスシート席で窓枠を気にしなくても良い席は、下り 1号車 かわせみ 5番A6番A 2号車 やませみ 11番A
上り 1号車 かわせみ 2番A6番A 2号車 やませみ 12番A が良いかと思います。
あくまでも個人的な意見です。又車窓も進行方向人吉を向いた状態(下り列車です。)で進行方向左手が個人的に良いと思います。

混雑状況

現在JR九州の観光列車は東南アジア諸国からの観光客ですこぶる盛況です。平日でも混んでいます。
(前に坊ちゃん列車の車掌さんが「平日が外国のお客さんで非常に混んでいるとお話ししているのを思い出しました。)
又、詳しい情報はJR九州のHP特急 かわせみ やませみを参照下さい。

人吉駅隣接施設

人吉駅には鉄道ミュージアム「MOZOCA」があります。詳しくは下記ページをご覧ください。

 【MOZOCA】
2015年に肥薩線の価値を伝えるため建設されたのが人吉鉄道ミュージアムNOZOCA868です。MOZOCAとは人吉の方言で「小さい」とか「かわいい」を意味します。このページでは館内の様子やアクセス・営業案内などを中心にご紹介します

-観光列車
-,

おすすめトピック

Translate »

Copyright© 楽鉄 , 2019 All Rights Reserved.