中部地方

観光列車

2022/7/16

「観光列車ながら鮎号」に乗って「うだつの上がる美濃市」と郡上八幡へ。観光列車の旅を!

2016年観光列車「ながら」森号と鮎号がデビューしました。車両はかの有名な水戸岡鋭治さんがデザインを手がけれれています。2018年には川風号もデビューしています。長良川の清流を見ながら観光列車の旅をお楽しみください。ここではランチプランで使用する鮎号に乗車して来ましたので写真を交えながら列車をご紹介いたします。併せて予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・座席表・路線図・オススメ座席・車内の様子・見どころなどもご紹介します。列車の旅のご参考になれば・・森号・川風号は別ページにてご紹介しています。 新 ...

観光列車

2022/7/16

清流と名水の城下町郡上八幡へは観光列車ながら川風号で!

長良川鉄道では2016年から観光列車「ながら」森号と鮎号の運行を開始しました。車両はかの有名な水戸岡鋭治さんがデザインを手がけれれています。2018年には川風号も運行を開始しています。長良川の清流を見ながら観光列車の旅をお楽しみください。ここでは通常お弁当プラン・ほろ酔いプランで使用されている川風号が車両点検でビュープランで使用さた際に乗車する事ができましたので写真を交えながら列車をご紹介いたします。併せて予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・座席表・オススメ座席・車内の様子・見どころなどもご紹介 ...

観光列車

2019/11/12

樽見鉄道の観光列車「ねおがわ」号

樽見鉄道は昭和33年(1958年)に旧国鉄の樽見線として大垣~美濃神海(現 神海)で開通しました。国鉄の大幅な赤字の前に樽見までの開通を待たずに特定地方交通線に指定され廃線の危機から地元住民の存続の声が上がり昭和59年(1984年)から樽見鉄道として運行しています。旧国鉄時代は美濃神海(現 神海)迄でしたが、平成元年(1989年)に現在の樽見まで延伸開業しました。この樽見鉄道に平成29年(2017年)から観光列車「ねおがわ」号が運転しています。この観光列車「ねおがわ」号に平日ですが乗車する事が出来ましたの ...

おすすめ列車

2022/4/12

ゆら~り眺めて清流列車で長良川の眺めを満喫。GJ8マン列車もご紹介

長良川鉄道では観光列車とは別に通常列車で長良川の車窓は楽しめる列車を運行しています。ここでは個人的に乗ってみたい列車やおすすめ列車のカテゴリーとしてご紹介していきます。今回はゆら~り眺めて清流列車下り1号の美濃市~郡上八幡に乗車しました。車窓を楽しめる区間は湯の洞温泉口~郡上八幡の間です。車内からの車窓の景色を交えながら乗車方法・運賃・料金・運転日・路線図・主な停車駅と時刻・オススメ座席・車内の様子・見どころなどをご紹介します。又今回はちびまる子ちゃんで有名な故さくらももこさんの作品でGJ8マンのラッピン ...

観光列車

2022/7/16

「観光列車ながら森号」に乗って「うだつの上がる美濃市」と郡上八幡へ。観光列車の旅を!

2016年観光列車「ながら」森号と鮎号がデビューしました。車両はかの有名な水戸岡鋭治さんがデザインを手がけれれています。2018年には川風号もデビューしています。長良川の清流を見ながら観光列車の旅をお楽しみください。ここではビュープランで使用する森号に乗車して来ましたので写真を交えながら列車をご紹介いたします。併せて予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・座席表・路線図・オススメ座席・車内の様子・見どころなどもご紹介します。列車の旅のご参考になれば・・鮎号・川風号は別ページにてご紹介予定です。 新型 ...

スローライフトレイン

観光列車

2021/8/11

浜名湖を走る 「スローライフトレイン」の車内へご案内。予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・オススメ座席・見どころなどをご紹介します。

2015年より株式会社都田建設さんのご協力の基、フィンランドのファブリックブランド『マリメッコ』の生地を車内のカーテンとシートのヘッドレストカバーに用いてTH3501形の車内を模様替えをし、レトロな車内空間を演出。スローライフトレインは運行を開始しました。SL北びわこ号の帰りに乗車チャンスが訪れたので車内の様子や予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・オススメ座席・見どころなどをご紹介します。 ※スローライフトレインは2021年5月23日で引退しました。 運賃・料金 スローライフトレインは全区間 自 ...

前面展望列車

2020/1/3

前面展望列車 「パノラマSuper」の車内の様子や予約方法

中部地区を代表する大手私鉄会社の名古屋鉄道で日本では初めて、運転台を2階に設置し、最前部に展望席を設けた「パノラマカー」という愛称がつけられた車両を運行しました。今もなお、それは引き継がれパノラマカーを運転しています。現在は「パノラマSuper」の愛称で親しまれています。その車両の車内の様子や予約方法・オススメ座席などを記事にまとめました。又一般車両でも横向きながら前面展望を楽しめる車両もありますので、記事内容は少ないですが併せて掲載しております。 1000ー1200系 1988年にデビューした車両で愛称 ...

Translate »

© 2022 楽鉄