楽鉄

楽しい列車 前面展望車両(パノラマ車両) 観光列車やSL・キッズトレインなどを紹介しています

観光列車

和歌山に走る観光列車「めでたいでんしゃ」

更新日:

スポンサーリンク

南海電鉄では2014年11月から加太線沿線の魅力を発信する「加太さかな線プロジェクト」を進めています。この一環として、7100系電車をリニューアルし、「加太の鯛(たい)」と「淡嶋神社の縁結び」をイメージしたピンク色の「めでたいでんしゃ さち」を2016年4月から運行。2017年10月からは、加太の海をイメージし、車内外に海の生き物や仕掛けを施した水色の「めでたいでんしゃ かい」を運行しています。2019年3月からはこの「さち」(女の子)と「かい」(男の子)が結婚し、夫婦になりその子供の運行も開始されます。ここでは2017年暮れに訪れた時の写真を交えながら「めでたいでんしゃ」の運賃・運転日・路線図・オススメ座席・車内の様子などをご紹介します。

運賃・料金

ここでは運用の多い加太線の運賃をご紹介します。
めでたいでんしゃは、全区間 自由席です。
運賃だけで乗車が可能です。
例:和歌山市ー加太
乗車券:大人330円 子供170円

運転日

基本的には毎日運転しています。「めでたいでんしゃ」の運行ダイヤは南海電鉄のホームページで確認する事が出来ます。
南海電鉄のホームページ⇒TOPページの左上「電車にのる」をクリック⇒下の方に移動すると観光列車のご案内があるので「めでたいでんしゃ」をクリックすると見ることができます。

発売開始日・予約方法・空席照会

全車両自由席です。いつでも乗車出来ます。

路線図

「めでたいでんしゃ」号の運行されている加太線の路線図を掲載しています。加太線の愛称は「加太さかな線」です。

「めでたいでんしゃ さち」車両編成

7100系電車をリニューアルしています。コンセプトは加太を代表する海の幸「鯛」です。列車は2両1編成です。

「めでたいでんしゃ さち」車内へご案内

それでは車内をご紹介します。

 

 

 

 

 

出入り口のドアは真っ赤に染まっています。足元を見るとさかながお出迎えです。

 

 

 

 

 

木の素材で出来た魚型のつり革と「加太のめで鯛」です。
加太のめで鯛は淡島神社で祈祷済みだそうです。

 

 

 

 

 

座席は鯛の模様をちりばめた柄になっています。

 

 

 

 

 

車内の全体の様子です。

 

 

 

 

 

外観のUPです。目とウロコを表現しています。

「めでたいでんしゃ かい」車両編成

7100系電車をリニューアルしています。コンセプトは海の中に来たような心地よさとドキドキ感です。列車は2両1編成です。

「めでたいでんしゃ かい」車内へご案内

かい」の出入り口です。

 

 

 

 

 

左の青い鯛と赤い鯛はの作品は和歌山工業高校産業デザイン科の生徒さんの作品だそうです。

 

 

 

 

 

座席は海の生き物や模様をイメージしています。

 

 

 

 

 

こちらのつり革は海の生き物が・・窓にも生き物のシールが・・

 

 

 

 

 

車内の様子です。

 

 

 

 

 

外観のUPです。目とウロコを表現しています。

※今回は加太線に乗車することが出来なかったので次回訪問時に情報を掲載出来ればと思います。
新しい「めでたいでんしゃ」もその時に更新出来れば・・
しばらくお待ちください。

南海電鉄の観光列車

南海電鉄では高野山へ観光列車「天空」号を運転しています。詳しくは別ページにてご紹介しています。下記をご覧ください

  【天空】
世界遺産に登録された「高野山」への観光の足として運転を開始した、南海電鉄の観光列車「天空」号。この列車の予約方法・運転日・時刻表・停車駅・車内の様子や乗車記・乗車特典・座席表などを記事に纏めましたのでご紹介します。

 

-観光列車
-,

おすすめトピック

Translate »

Copyright© 楽鉄 , 2019 All Rights Reserved.