楽鉄

楽しい列車 前面展望車両(パノラマ車両) 観光列車やSL・キッズトレインなどを紹介しています

子供向け列車 観光列車

予土線の次男「海洋堂ホビートレイン」の車内へご案内。運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・車内の様子・見どころなどをご紹介

更新日:

海洋堂ホビートレイン

スポンサーリンク

2011年6月フィギュアメーカーの海洋堂さんが高知県四万十町で運営しているミュージアム『海洋堂ホビー館四万十』のオープンと同時に運転を開始した予土線3兄弟の次男「海洋堂ホビートレイン」。現在の車両は3代目です。2017年10月に窪川駅で撮影することが出来ましたので、運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・車内の様子・見どころなどをご紹介しています。又三兄弟の長男「しまんトロッコ」はこちらをご覧ください。三男「鉄道ホビートレイン」はこちらをご覧ください。

運賃・料金

海洋堂ホビートレインは全区間 自由席です。
普通列車の為、乗車券のみで乗車可能です。
勿論、青春18きっぷでも乗車可能です。
例:宇和島ー窪川
乗車券:大人1850円 子供930円

運転日

毎日運転しています。(但し、車両点検等で一般車両で運転される場合があります。)

発売開始日・予約方法・空席照会

予土線の普通列車として運行しています。全席自由席なので予約は不要です。

運転区間

海洋堂ホビートレインは予土線内を運転しています。

時刻表・停車駅

海洋堂ホビートレインの停車駅と時刻を掲載しています。詳しくは下記の表を参照してください。運転時刻・停車駅はJR四国のホームページや市販の時刻表等で再度確認下さい。

2019年3月16日以降は下記の通りです。

車両のご案内

キハ32_4を改造して運行しています。この車両は3代目です。
車両全体のコンセプトは「かっぱの世界」です。
外観は川を楽しむかっぱをイメージしています。

海洋堂ホビートレイン

窪川駅にて

海洋堂ホビートレイン 海洋堂ホビートレイン

 

 

 

 

 

顔の前と後ろ、側面の右・左とも塗装

車内へご案内

海洋堂ホビートレインの車内へご案内します。
車内はかっぱと一緒に楽しめる空間になっています。
海洋堂ホビートレイン

車内の様子です。

海洋堂ホビートレイン 海洋堂ホビートレイン

 

 

 

 

 

シートは赤と緑と2色に分かれいます。カーテンにもかっぱが描かれています。
さて何匹のかっぱがいるのか??

親子のかっぱと記念撮影は如何ですか?このかっぱ、しゃべるみたいです。

 

 

 

 

 

四万十ヒノキを使ったショーケースの中にはかっぱのジオラマ等が展示されています。

見どころ

予土線は江川崎~窪川間で清流四万十川と並行し走ります。この区間では随所に絶景を見る事が出来ます。車内からの景色の様子等は別ページ「しまんトロッコ」号にてご紹介しています。詳しくこちらをご覧ください。

海洋堂ホビートレインに乗って海洋堂ホビー館 四万十へ

海洋堂ホビー館は打井川駅が最寄り駅です。
日曜日・祝日には土佐大正駅ぁら打井川駅経由のバスが出ています。
バスの時刻はこちらをご覧ください。

予土線3兄弟

海洋堂ホビートレインは予土線3兄弟の次男です。その他兄弟のページは下記を参照下さい。

しまんトロッコ号 【しまんトロッコ】
1984年の夏から運行を開始した予土線のトロッコ列車。現在の「しまんトロッコ」号は2013年からで最近は鉄道車両のデザイナーでも名高い水戸岡鋭治氏によってリニューアルされ運行しています。2017年10月に乗車して来ましたので、予約方法や運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・オススメ座席・車内の様子・見どころ・乗車記などをご紹介しています。
 【鉄道ホビートレイン】
2014年3月から運行を開始した鉄道ホビートレイン。予土線三兄弟の三男として運転しています。初代新幹線0系をイメージし、予土線を運行中です。2017年10月に乗車して来ましたので、運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・オススメ座席・車内の様子・見どころなどをご紹介しています。

-子供向け列車, 観光列車
-,

おすすめトピック

Translate »

Copyright© 楽鉄 , 2019 All Rights Reserved.