楽鉄

楽しい列車 前面展望車両(パノラマ車両) 観光列車やSL・キッズトレインなどを紹介しています

子供向け列車 観光列車

土讃線を走るアンパンマン列車。秘境と雄大な太平洋へ列車の旅を満喫

更新日:

スポンサーリンク

2000年の10月に運転を開始した土讃線アンパンマン列車。現在のラッピングは5代目です。四国の山合の景色と太平洋の雄大な景色を楽しむ事ができます。何回か乗車して車内の様子等を撮ることが出来ましたので、予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・編成表などを合わせてご紹介したいと思います。土讃線アンパンマン列車には2編成あります。オレンジ基調とグリーン基調です。

運賃・料金

土讃線アンパンマン列車 一部指定席です。
列車は特急列車なので乗車券の他に特急料金が必要です。
例:岡山ー高知
乗車券:大人3,280円 子供1,640円
特急指定席料金:大人2,680円 子供1,340円
その他の区間の料金は時刻表等でご確認下さい。
JR四国では25キロ以内であれば指定席大人1,050円(子供520円)で乗る事も可能です。

運転日

基本的には毎日運転しています。※但し、車両点検等でアンパンマン列車で運転されない日があります。

発売開始日・予約方法・空席照会

乗車日の1か月前の10時から全国のみどりの窓口 主な旅行会社 インターネット(JR西日本e5489 JR東日本えきねっと)で予約可能です。インターネットで空席照会も可能です。シートマップも表示されるので希望の席番を取る事も可能です。

時刻表・停車駅

土讃線アンパンマン列車の停車駅と時刻を掲載しています。詳しくは下記の表を参照してください。運転時刻・停車駅はJR四国のホームページや市販の時刻表等で再度確認下さい。

車両編成

2000系車両3両~4両1編成で運転しています。

土讃線アンパンマン列車

多客時等、編成が変わる場合があります。

土讃線アンパンマン

車両外観(オレンジ)

土讃線アンパンマン 土讃線アンパンマン

 

 

 

 

 

2000系車両のオレンジを基調とした編成です。この編成は4両編成です。

車両外観(グリーン)

土讃線アンパンマン列車(グリーン) 土讃線アンパンマン列車(グリーン)

 

 

 

 

 

土讃線アンパンマン列車(グリーン) 土讃線アンパンマン列車(グリーン)

 

 

 

 

 

2000系車両のグリーンを基調とした編成です。この編成は3両編成です。この日は1両車検でしょうか?アンパンマン列車は2両でした。

アンパンマンシート車両

土讃線アンパンマン列車 土讃線アンパンマン列車

 

 

 

 

 

アンパンマンシートの車内の様子です。車両の装飾は8000系ほどではなかったです。


 

 

 

 

一般席の車両の天井にはアンパンマンのデザインが施されていました。

アンパンマン列車ひろば 高知駅

アンパンマンひろば高知 アンパンマンひろば高知

 

 

 

 

 

アンパンマン列車ひろばへはエントランス階段を上がって下さい。
エスカレーター横にアンパンマンのぬいぐるみがお出迎えです。

アンパンマンひろば高知 アンパンマンひろば高知

 

 

 

 

 

記念撮影コーナーです。

アンパンマンひろば高知 アンパンマンひろば高知

 

 

 

 

 

アンパンマンインフォメーションとメインオブジェ

見どころ

土讃線アンパンマン列車の奔る土讃線の沿線は見どころがたくさんありますね。多度津を出てまずは、琴平。金比羅さんです。秘境駅の坪尻駅を過ぎると、秘境祖谷の玄関口、大歩危。その後、アンパンマンミュージアムの最寄駅土佐山田、高知へと続きます。高知からしばらく走ると雄大な太平洋の眺めが望めます。
沿線の情報などは別ページにてごご紹介しています。詳しくは下記を参照してください。

  【金刀比羅宮】
参拝が始まったのは江戸時代 当時、庶民の旅行は禁じられていたが伊勢神宮と金比羅山参りだけは許されていたようです。表参道から本宮までの石段785段。この金刀比羅宮のアクセスや御扉開・御扉閉の時刻等見どころを写真を交えながらご紹介します。
   【大歩危峡】
四国のまんなかにある渓谷がここ大歩危峡です。吉野川を挟んで両岸の岩は国の天然記念物になっています。大歩危峡の名前の由来の1節には大股で歩くと危ないから大歩危とも言われています。ここでは大歩危峡観光遊覧船を中心にアクセスや見どころ等をご紹介します。
  【秘境の祖谷渓へ】
祖谷渓は吉野川の支流祖谷川にあります。この一帯は平家の隠れ里としても有名で、日本の3大秘境の1つとして最近多くの観光客が訪れています。この祖谷渓の観光スポットであるかずら橋と小便小僧を中心にアクセスや見どころ等をご紹介します。
  【土讃線】
香川県の多度津から高知を経て窪川までを結ぶJR四国の路線です。山ある海ありと魅力あふれる路線の車窓の景色を中心に使用車両や観光地等を交えながらご紹介します。

四国を走るアンパンマン列車

JR四国では土讃線アンパンマン列車以外にもアンパンマン列車を運転しています。
その他のアンパンマン列車は別ページにてご紹介しています。詳しくは下記を参照してください。

8000系アンパンマン列車 【予讃線アンパン列車】
予讃線のアンパンマン列車はJR四国で2001年から運行を開始しました。岡山・高松と松山を走る8000系と松山と宇和島を走る185系の2種類あります。この予讃線アンパンマン列車の運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・座席表・編成表・・続きを読む。
  【瀬戸大橋アンパンマントロッコ】
観光列車「瀬戸大橋アンパンマントロッコ」はJR四国で2006年から運行を開始しました。岡山と香川県の高松・琴平を1日各1往復(運転日注)しています。この瀬戸大橋アンパンマントロッコの車内の様子を交えながら予約方法・運賃・料金・・続きを読む。
  【ゆうゆうアンパンマンカー】
ゆうゆうアンパンマンカーはJR四国で2002年から運行を開始しました。徳島県の徳島と阿波池田間を主に1日2往復(運転日注))しています。このゆうゆうアンパンマンカーの運賃・料金・運転日・・・・続きを読む

アンパンマン列車に乗れるツアーのご紹介

ここではアンパンマン列車に乗れる旅行会社のツアーをご紹介します。
鉄道の旅特集のページからご希望のツアーをお探しください。

近畿日本ツーリスト 観光列車の旅
近畿日本ツーリストでは列車に乗ること自体が、旅の目的になる観光列車や寝台列車のツアーを
数多く設定しています。
 クラブツーリズムで行く観光列車の旅特集
流れる景色から眺める日本の山、海、里・・・・魅力あふれる鉄道の旅へ
観光列車やイベント列車、ローカル線の列車の旅まで多くのツアーを
設定しています。
JTB列車の旅
期間限定列車やローカル線の旅、寝台列車、SLから観光列車まで多くの列車の
ツアーが設定されています。

アンパンマン列車スタンプラリー

2019年3月16日~アンパンマン列車スタンプラリーが開催されています。内容を簡単にご紹介します。
開催期間:2019年3月16日~11月30日まで(応募締切は12月8日)
参加方法:1、スタンプ設置駅でラリーブックをもらう。
2、スタンプを設置駅、列車、レジャー施設で押す。
3、応募は駅で2個以上、列車で2個以上合計4個以上のスタンプで応募可能
ラリーブックはスタンプ設置駅とスタンプ設置の区間の乗車券を持っているともらえます。
スタンプ設置駅:高松、三本松、徳島、穴吹、多度津、琴平、阿波池田、土佐山田、高知、窪川、中村、新居浜、伊予西条、松山、伊予大洲、宇和島、岡山。
スタンプ設置列車はアンパンマン列車ですが宇和海アンパンマン列車といしづち(101、104を除く)モーニングEXP松山、ミッドナイトEXP松山には設置されていないのでご注意下さい。
景品などはJR四国のホームページをご確認下さい。

-子供向け列車, 観光列車
-,

おすすめトピック

Translate »

Copyright© 楽鉄 , 2019 All Rights Reserved.