楽鉄

楽しい列車 前面展望車両(パノラマ車両) 観光列車やSL・キッズトレインなどを紹介しています

観光列車

爽やかな風を感じながら「トロッコわたらせ渓谷」号の車内へご案内。予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・オススメ座席・車内の様子・見どころなどをご紹介

更新日:

わたらせ渓谷号

 

1998年から運転されているトロッコわたらせ渓谷号。わたらせ渓谷の景色と足尾銅山の観光が楽しめます。2017年10月に乗車して来ましたので、車内の様子や予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・オススメ座席・混雑状況・見どころなどをご紹介します。わたらせ渓谷鐵道にはトロッコわたらせ渓谷号の他に「トロッコわっしー号」が運転されてています。こちらも併せてご覧ください。トロッコわっしー号はこちらから

運賃・料金

トロッコわたらせ渓谷3号は全区間 整理券が必要です。
乗車券の他に整理券席料金が必要です。
例:大間々ー足尾
乗車券:大人930円 子供470円
整理券料金:大人520円 子供260円
※トロッコわたらせ渓谷4号は全車自由席です。但し、団体のお客様も多く乗車されるようなので、座席が制限される場合があるのでご注意下さい。

運転日

トロッコわたらせ渓谷号号は土曜日・日曜日・祝日を中心運転しています。詳しくは下記カレンダーを参照してください。
運転日についてはわたらせ渓谷鉄道のホームページや市販の時刻表を再度ご確認下さい。

時刻表・停車駅

トロッコわたらせ渓谷号の停車駅と時刻を掲載しています。詳しくは下記の表を参照してください。運転時刻・停車駅はわたらせ渓谷鉄道や市販の時刻表等で再度確認下さい。
停車駅のご案内はトロッコわっしー号でご紹介しています。こちらから

発売開始日・予約方法・空席照会

整理券発売日

運転日の1ヶ月前の午前11時から下記の窓口で発売します。
整理券は定員分のみ発売します。満席になり次第、発売を終了します。
空席があれば当日でも発売します。

整理券の発売箇所

・わたらせ渓谷鐵道の相老駅・大間々駅・通洞駅の各駅
・JTB各支店
・東武トップツアーズ各支店
・日本旅行各支店
・近畿日本ツーリスト各支店
・東武日光駅と鬼怒川温泉駅のツーリストセンター(2号・4号・6号のみ)
・ローソン・ミニストップ各店
※旅行会社によっては、別に発券手数料がかかる場合がありますのでご注意ください。
※ローソン・ミニストップは、別に発券手数料が1枚につき108円かかります。

電話予約

電話予約は運転日の2週間前から前日まで、大間々駅(0277-72-1117・営業時間7時30分から17時10分)に
電話して予約下さい。ご乗車当日の電話予約はできません。
電話で予約した方は、当日ご乗車前に大間々駅窓口で整理券を購入してください。

車両編成

4両編成で運転しています。トロッコ車両は京王電鉄の5000系を改造しています。

トロッコわたらせ渓谷号

一般車両は旧国鉄の12系です。大間々駅に到着した、わたらせ渓谷4号

車内へご案内

トロッコ車両

トロッコ車両の車内の様子です。

わたらせ渓谷号 わたらせ渓谷号

 

 

 

 

 

トロッコ車両の座席の様子です。背もたれはありません。
自動販売機は設置されています。
2017年に乗車した際はトロッコ車両1両は自由席でしたが、2018年は3号は全車整理券が必要ですが、
4号は自由席です。

一般車両

 

 

 

 

 

一般車両の車内の様子です。

見どころ

やはり、わたらせ渓谷沿いを走る絶景区間ですね。大間々方面に行く場合を基準に記載します。
足尾駅を出た列車は通洞駅出発後、渡良瀬川を渡ります。ここから沢入駅までの間、右手に渡良瀬川を見る事が出来ます。沢入駅を出た列車はトンネルに入ります。トンネル内はイルミネーションを楽しむ事が出来ます。神戸駅までは渡良瀬川は右手です。
神戸駅を出発した列車は今度は左手に渡良瀬川を見る事が出来ます。

トロッコわたらせ渓谷号に乗れるツアーのご紹介

ここではトロッコわたらせ渓谷号に乗れる旅行会社のツアーをご紹介します。
鉄道の旅特集のページからご希望のツアーをお探しください。

JTB列車の旅
期間限定列車やローカル線の旅、寝台列車、SLから観光列車まで多くの列車の
ツアーが設定されています。

オススメ座席

大間々方面へ乗車の場合は左手の方が渡良瀬川を眺める時間は長いです。
但し、大間々~水沼間は雑木林も多くあまり渡良瀬川の景色は見れません。
個人的には時間は短いですが、沢入駅手前から通洞駅手前まで見られる
わたらせ渓谷の絶景をオススメします。
なので進行方向右手です。
ベストは席が移動できる位空いていればいいんですが・・

車窓

トロッコわっしー号のページでも少しご紹介しますが、このページでもご紹介をします。※今回の車窓の画像はトロッコわたらせ渓谷4号に乗車して撮影したものです。トロッコわっしー号は下記をご覧ください。

トロッコわっしー号   【トロッコわっしー号】
観光列車「トロッコわっしー」はわたらせ渓谷鉄道で2012年から運行を開始しました。群馬県の大間々と足尾を1日2往復(運転日注)しています。この「トロッコトロッコわっしー」の車内の様子を交えながら予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・混雑状況・オススメ座席・見どころなどをご紹介します。

通洞-原向

 

通洞駅を出た列車は渡良瀬川を
渡ります。進行方向右手が
わたらせ渓谷です。

 

 

原向-沢入 間

途中、この路線の見どころ坂東カーブを通過します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この区間がわたらせ渓谷鐵道の最大の絶景区間だと思います。

 

 

 

 

 

この下の写真が坂東カーブです。

 

 

 

 

 

全国的にも屈指の急カーブで半径144mの急カーブです。

沢入ー神戸 間

この区間はトンネル内です。
車窓のイルミネーションの様子です。

神戸ー小中 間

ここから渡良瀬川は左手に変わります。

 

 

 

 

 

花輪ー水沼 間

 

 

 

 

 

本宿ー上神梅 間

 

 

 

 

 

上の写真のように水沼から大間々は雑木林の中も走るので渡良瀬川の景色は思ったほど
楽しめないですね

混雑状況

今回はトロッコわたらせ渓谷4号に乗車しました。平日でしたが紅葉シーズンでもありそこそこ混んでます。
又、団体のお客様も多く早目に並んでも団体席がキープされているので、希望の席の確保が難しいですが
がわたらせ渓谷号はトロッコ車両が2両あり座席数も多いのでトロッコわっしー号より席の確保は出来るかも・・

乗車までの注意事項

予約や席の確保フリー切符の使用の有無など詳細に記載されているので、再度ホームページで確認してください。
わたらせ渓谷鐵道のホームページはこちらから

 

-観光列車
-,

おすすめトピック

Translate »

Copyright© 楽鉄 , 2019 All Rights Reserved.