観光列車

しまねの木

観光列車

2019/12/24

出雲を走る観光列車「しまねの木」。車内の様子や運転日・運転時刻表・路線図等をご紹介

木のぬくもりを感じる観光列車「しまねの木」。2014年から一畑電車で運転を開始しました。出雲大社、宍道湖、松江城など観光に最適な列車です。車内の様子や車窓からの景色・運転日・運転時刻表や周辺観光等を記事に纏めましたのでご覧ください。 運賃 観光列車「しまねの木」は全区間 自由席です。運賃のみで乗車出来ます。乗車券は下記運賃表を参照下さい。お得なフリー切符が数種類あります。詳しくは、一畑電車のホームページこちらからお入り下さい。TOPページにお得な切符をクリックして下さい。 運転日 基本的には毎日運転してい ...

ゲゲゲの鬼太郎

子供向け列車 観光列車

2020/4/3

境線を走る「鬼太郎列車」。車両案内や車内の様子・運転日・運転時刻や駅の様子をご紹介

怪漫画のパイオニア、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者水木しげるさんの出身地でもある境港駅。この境港駅のある境線で2000年からゲゲゲの鬼太郎をラッピングした列車「鬼太郎列車」が運行を開始しました。境線の各駅は妖怪の別名もついています。以前に訪れた時の写真を交えながら、「鬼太郎列車」車両案内や車内の様子・運転日・運転時刻や駅の様子等を記事に纏めましたのでご覧ください。 運賃・料金 普通運賃で乗車が可能です。特別料金は不要です。JR西日本 米子駅―境港駅 大人330円 子供160円 運転日 毎日運転しています。 時刻 ...

観光列車

2020/7/31

トロッコ列車で運転している観光列車「奥出雲おろち号」車内の雰囲気や予約方法・運転日・時刻表・停車駅・座席表・オススメ座席などを掲載

奥出雲に伝わる神話の舞台を走る木次線に1998年から運行しているのが観光列車「奥出雲おろち」号です。トロッコ車両で運転されており奥出雲の自然を存分に満喫することが出来ます。途中には松本清張の「砂の器」の舞台になった「亀嵩駅」や駅舎が社殿造りの出雲横田駅、全国的にも珍しい「三段スイッチバック」を通り、日本最大級の二重ループを車窓から眺めることも出来ます。今回、備後落合まで往復して来ましたので、車内からの景色や車内の様子、予約方法、運転日、時刻表・停車駅、座席表や乗車特典やお楽しみ・みどころを記事に纏めました ...

○○のはなし

観光列車

2021/1/9

観光列車「○○のはなし」 車内の雰囲気・車窓からの眺めや予約方法・運転日・運転時刻・停車駅・座席の配置図・オススメ座席などを掲載

2017年「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」に伴い運行を開始しました。列車名の由来は、本州最西端の山口県(萩、長門、下関)は日本と西洋をひき合わせるきっかけとなった歴史が息づくことから、各町のかしらもじ「萩のは」「長門のな」「下関のし」を取り「はなし」として各地の様々なはなしの出会いを求めて「○○のはなし」となりました。車内イベントでは「長門のはなし」や「萩のはなし」等も行われます。今回は復路に乗車してきましたので車内の様子や車窓なども含め、予約方法・運転日・運転時刻・停車駅・座席の配置図 ...

観光列車

2020/1/4

貴船・鞍馬へは叡山電鉄の展望列車「きらら」号で!もみじのトンネルも見事

比叡山・鞍馬への観光の足には欠かせない存在となっている「えいでん」の愛称でしられる叡山電鉄。1997年には観光客誘致の一環としてパノラミック電車「きらら」がデビュー。今回は何度か訪れている叡山電鉄の沿線の観光地(貴船神社)等も含め、「きらら」の車内の様子を交えながら運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・見どころなどをご紹介したいと思います。 運賃・料金 観光列車「ひえい」号は全区間 自由席です。運賃のみで乗車出来ます。 乗車券は下記運賃表を参照下さい。 お得な乗車券 叡山電鉄ではお得なフリー切符も発売してい ...

観光列車

2019/12/25

富山を走る路面電車に!観光列車「レトロ電車」乗車方法や車内の様子、運転日や運転時刻をご紹介

2013年富山市内の軌道の開業100周年を記念して運行を開始しました。開業当時の1913年は日本海側初の路面電車の開業でもありました。またレトロ電車運行開始当時は北陸新幹線開業が間近でもあり新幹線開業による観光の活性化の一環としての位置づけでもあったようです。今回は北陸の観光列車を記事に纏めるべく訪問した際に乗車して来ましたので写真を交えてご紹介します。 運賃 全区間 自由席 運賃は大人210円 子供110円で乗車できます。全区間均一料金です。 運転日 土日祝に富山ー南富山駅前ー大学前を運行しています。 ...

アルプスエキスプレス

観光列車

2020/12/10

観光列車「アルプスエキスプレス」 車内の雰囲気や予約方法・運転日・ダイヤ・座席表・オススメ座席などを掲載

2011年12月から運転を開始したアルプスエキスプレス号この車両は元西武鉄道5000系レッドアロー号を改造してデビューしました。沿線は雄大な立山連峰や蜃気楼が見られることで有名な富山湾など大自然に恵まれておりその大自然との調和をモチーフに運転している観光列車です。富山地方鉄道は立山黒部アルペンルートや黒部峡谷への観光の玄関口へ乗客を運ぶ役割も担って慰安す。今回は日程の都合上、特急アルペンの宇奈月温泉から新魚津まで乗車しましたので、車内の様子や予約方法、運転日、運転ダイヤ、座席表や特典やお楽しみ等を記事に纏 ...

べるもんた

観光列車

2021/1/9

観光列車「ベル・モンターニュ・エ・メール ~べるもんた~ 」車内の雰囲気や予約方法・運転日・時刻表・停車駅・座席の配置図・オススメ座席などを掲載

2015年10月から実施された「北陸デスティネーションキャンペーン」に合わせて運転を開始した、観光列車「ベル・モンターニュ・エ・メール」号。列車の名前の由来は氷見線の車窓から見える富山湾の景色と城端線の車窓から見える立山連峰や南砺市の山々の景色「美しい山と海」をフランス語で訳した「ベル・モンターニュ・エ・メール(Belles montagnes et mer)」を列車名としました。今回は日程の都合上城端線に乗車しましたので、車内からの景色や車内の様子や予約方法、運転日、運転ダイヤ、座席表や特典やお楽しみ等 ...

里山里海

観光列車

2020/3/23

観光列車「のと里山里海」号。予約方法・運転日・時刻表・停車駅・座席表・オススメ座席や車内の雰囲気などを掲載

2015年4月にデビューしたのと里山里海号。日本の原風景とも言える里山と里海、両方を堪能できる列車です。車内は伝統工芸品展示スペースを設けていたり、沿線の田鶴浜の建具ので使われる組小細工を座席の仕切りに採用しています。この観光列車は通常の列車より低速で運行しビュースポットでは一時停車も致します。2018年4月の平日の下り53号カジュアルコースに乗車しましたので、車内からの景色や車内の様子・予約方法、運転日、運転ダイヤ、座席表や特典・お楽しみ等を記事に纏めましたのでご覧ください。(2020年3月から運行形態 ...

観光列車

2021/1/9

観光列車「花嫁のれん号」車内の雰囲気や予約方法・運転日・ダイヤ・座席の配置図・オススメ座席などを掲載

2015年10月から実施された「北陸デスティネーションキャンペーン」に合わせて運転を開始した花嫁のれん号。列車の名前の由来は旧加賀藩の伝統文化で、嫁ぎ先に渡される嫁入り道具の中に1つにのれんがあります。そののれんを花嫁が嫁ぎ先で提げられたのをくぐる風習から来ています。今回は4号の2号車に乗車しましたので、車内の様子や予約方法、運転日、運転ダイヤ、座席表や特典やお楽しみ等を記事に纏めましたのでご覧ください。 ※新型コロナウィルスの影響で運転日が変更になっている場合があります。各社ホームページでご確認ください ...

A列車で行こう

観光列車

2020/5/5

観光列車「A列車で行こう」南蛮文化を感じる列車に乗りながら天草へ。大人旅を満喫出来る列車の予約方法や運転日・運転時刻、車内の様子や車窓の景色などを掲載

列車名の頭文字である「A」は、「16世紀の天草に伝わった南蛮文化をモチーフに、ヨーロッパをイメージした大人の旅を演出」というコンセプトから、大人 (Adult)と天草 (Amakusa)のAの頭文字を掛け合わせたものです。この車両も水戸岡デザインの車両で車内は落ち着いた色調でステンドグラスを配して大人の旅を演出しています。頭文字のAから冠にジャズナンバーの「A列車で行こう」を。今回は時間の関係上宇土から三角まで乗車して来ました。車内の雰囲気を写真を交えながらご紹介します。また、運転日や時刻表・停車駅、座席 ...

観光列車

2020/5/5

観光特急「海幸山幸」南国の海岸の絶景を見ながら・・・車内の様子や予約方法・運転日・運転ダイヤ・座席表などを掲載

2009年に日南線に登場した観光特急「海幸山幸」。日南線に特急列車が運行されるのは、この列車が初めてです。列車名は、南九州を舞台とした日本神話(日向神話)の山幸彦と海幸彦に由来しています。車両のコンセプトは、飫肥杉をふんだんに使用して「木のおもちゃのようなリゾート列車」をイメージしています。この車両も水戸岡デザインで設計されています。今回は時間の関係上、飫肥→南郷間の乗車でしたが車内の様子を写真を交えてご紹介します。また、予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・座席表・オススメ座席・見どころや車窓か ...

観光列車

2020/12/21

上越を駆け抜ける美術館「現美新幹線」。車内の作品や運転日・運転時刻・予約方法などをご紹介。

走る美術館として2016年4月に上越新幹線の越後湯沢ー新潟間で運転を開始しました。名前の由来は現代美術から「現美」と命名。担当アーティストとジャンルは11号車が「松本尚(絵画)」、12号車が「小牟田悠介(平面)」、13号車がカフェ・キッズスペースで「古武家賢太郎(絵画)」「paramodel(絵画・彫刻)」、14号車が「石川直樹(写真)」、15号車が「荒神明香(立体)」、16号車が「ブライアン・アルフレッド(映像)」外観は「蜷川実花(長岡の花火)」です。今回、2017年9月に乗車してきましたので、車内の様 ...

子供向け列車 観光列車

2020/3/30

四国を走るアンパンマン列車の運転日・運転時刻、アンパンマンシート、予約方法等をご案内

日本では子供たちに絶大なる人気を博する国民的キャラクターの一つ「アンパンマン」。作者のやなせたかし氏の父の実家が高知県であり幼少期を高知で過ごしたことから高知県にアンパンマンミュージアムが開館しました。JR四国もこれにあやかり2000年にアンパンマン列車を運行開始。現在は5列車21両予讃線8000系、予讃線宇和海2000系、土讃線2000系、ゆうゆうアンパンマンカー、瀬戸大橋アンパンマントロッコがアンパンマン列車として活躍しています。ここでは実際に乗車する事が出来ませんでしたが、予讃線アンパンマン列車の予 ...

観光列車

2020/2/15

嵯峨野トロッコ列車の予約方法や混雑状況・車窓からの景色、オススメコース等をご案内

嵯峨野観光鉄道は1989年3月に新線に切り替えられて廃止された山陰本線嵯峨駅 - 馬堀駅間(保津峡付近)の旧線を、観光専用鉄道として利用するために1990年11月に開業されたました。観光専用鉄道の為、車両はトロッコ車両を使用しています。トロッコ嵯峨駅にはジオラマ・京都・JAPANが併設されていて、多くのお客様が利用されています。この嵯峨野トロッコ列車の予約方法や車窓の眺め・混雑状況や車内の様子、オススメコースなどを記事にまとめました。この記事は2017年10月に上り(トロッコ亀岡→トロッコ嵯峨に乗車した時 ...

Translate »

© 2021 楽鉄