観光列車

旅先までを演出してくれる列車として近年、各地で様々な観光列車が走っています。ここでは全国で人気の観光列車一覧でご紹介しています。グルメ列車や彫刻やアート等が楽しめる列車など個性豊かな列車ばかりです。運転日・時刻表・停車駅や予約方法・オススメ座席・車内の様子や車窓からの眺めなど等順次掲載しています。

観光列車

2022/6/24

九州の食を感じながら列車旅を「或る列車」に乗って

「或る列車」とは明治39年に旧九州鉄道がアメリカのブリル社に発注・輸入した豪華列車九州鉄道ブリル客車の通称です。しかし、九州鉄道は明治40年に国有化され或る列車は十分な活躍の機会がなく引退した。今回JR九州のD&S第10弾として運行開始した或る列車は鉄道模型愛好家の原信太郎氏が作成した模型をベースに水戸岡鋭治氏がデザイン・設計を行った。この或る列車は2022年は博多⇔由布院間を運転しています。この列車に実際に乗車してきましたので予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・座席表・オススメ座席・車内の様子 ...

観光列車

2022/6/9

清流と名水の城下町郡上八幡へは観光列車ながら川風号で!

長良川鉄道では2016年から観光列車「ながら」森号と鮎号の運行を開始しました。車両はかの有名な水戸岡鋭治さんがデザインを手がけれれています。2018年には川風号も運行を開始しています。長良川の清流を見ながら観光列車の旅をお楽しみください。ここでは通常お弁当プラン・ほろ酔いプランで使用されている川風号が車両点検でビュープランで使用さた際に乗車する事ができましたので写真を交えながら列車をご紹介いたします。併せて予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・座席表・オススメ座席・車内の様子・見どころなどもご紹介 ...

観光列車

2022/4/26

観光型サイクルトレインB.B.BASE号で千葉を旅する

観光列車B.B.BASE号はJR東日本で2018年からサイクルトレインとして運行を開始しました。千葉県内の内房線・外房線・総武本線で銚子まで・鹿島線で鹿島神宮へと週末に4方向5コースに分けて運転しています。運行当初はびゅう商品の専用列車として運行していましたが2022年3月より全車両指定席販売になり気軽に乗車で出来るようになりました。このB.B.BASE号に先日乗車して来ましたの車内の様子を交えながら予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・座席表・オススメ座席などをご紹介したいと思います。 運転日 ...

観光列車

2022/6/1

九州全周の旅はJR九州の観光列車36ぷらす3号で満喫

JR九州のD&S列車第12弾として2020年10月から運転を開始した36ぷらす3号。運行ルートが毎日かわります。5ルートにわけて35のエピソードで詰め込んで楽しめるように九州を周遊します。コンセプトは「九州のすべてがきゅーっと詰まった”走る九州”と言える列車」です。名前の由来は36は世界で36番目に大きい島、3は「お客様、走る列車の地域の方々、JR九州の社員」でぷらす3。合言葉は36+3=39(サンキュー!)感謝です。乗る前からわくわくする36ぷらす3号に今回は赤の路コースと黒の路コースに乗車して来ました ...

子供向け列車 観光列車

2022/5/9

三陸鉄道 さんりくはまかぜ

観光列車さんりくはまかぜ号は三陸鉄道で2014年からさんりくしおかぜ号の後継者として運行を開始しました。車内は座敷のBOX席で一味違った列車の旅を味わうことが出来ます。運行は主に三陸鉄道の団体貸し切り列車や冬のこたつ列車等の企画列車として運転しています。今回は2021年春にプレミアムランチ列車として運転されたさんりくはまかぜ号に乗車して来ましたので、車内の様子を交えながら予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・座席表・オススメ座席などをご紹介したいと思います。 運転日 観光列車さんりくはまかぜ号は三 ...

前面展望列車 観光列車

2022/4/20

縄文遺跡へは観光列車秋田縄文号で!田んぼアートを見ながら列車旅を満喫

観光列車「秋田縄文号」は秋田内陸縦貫鉄道で2021年2月から運行を開始しました。観光列車「秋田縄文号」の走る内陸線では7月頃から田んぼアートを車内から見ることが出来ます。又2021年には北海道・北東北の縄文遺跡群が世界遺産に登録されました。その中に1つ伊勢堂岱遺跡は内陸線の縄文小ヶ田駅が最寄り駅です。この「秋田縄文号」に乗車して来ましたので車内の様子を交えながら予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・座席表・オススメ座席などをご紹介したいと思います。 運転日 観光列車「秋田縄文号」は2022年度は毎 ...

観光列車

2022/4/20

田んぼアートを見ながら観光列車笑 EMI号でマタギの里と縄文遺跡の旅へ

観光列車「笑 EMI」は秋田内陸縦貫鉄道で2020年2月から運行を開始しました。観光列車「笑 EMI」の走る内陸線では7月頃から田んぼアートを車内から見ることが出来ます。又2021年には北海道・北東北の縄文遺跡群が世界遺産に登録されました。その中に1つ伊勢堂岱遺跡は内陸線の縄文小ヶ田駅が最寄り駅です。この「笑 EMI」号に乗車して来ましたので車内の様子を交えながら予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・座席表・オススメ座席などをご紹介したいと思います。 運転日 観光列車笑 EMI号は2022年度は日 ...

前面展望列車 観光列車

2022/4/11

日本海屈指の透明度を誇る笹川流れの絶景を見ながら観光列車海里号で旅を満喫

観光列車海里はJR東日本で2019年5月から運行を開始しました。新潟から山形県の酒田まで1日1往復(運転日注)しています。沿線には鮭の街村上や日本海屈指の透明度誇る笹川流れの絶景や瀬波温泉やあつみ温泉など観光には事欠きません。先日この海里に乗車してきましたので車内の様子を交えながら予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・座席表・オススメ座席などをご紹介したいと思います。 運転日 観光列車海里号は金曜日・土曜日・日曜日・祝日を中心運転しています。詳しくは下記カレンダーを参照してください。運転日について ...

前面展望列車 観光列車

2022/4/1

リゾートしらかみ号 橅編成

五能線を走る観光列車「リゾートしらかみ」。現在、「青池」「橅」「くまげら」の3種類の車両で運転されています。ここでは橅編成の車内の雰囲気や車内イベント・予約方法、お薦め座席や混雑状況、車両別の運転日や時刻表・停車駅・運賃料金等をご紹介しています。五能線は世界遺産に登録された白神山地をはじめ、「日本の夕陽百選」に認定されている「千畳敷」や日本海の海蝕崖・海蝕洞の大小の奇岩が連なる海岸地形や十二湖の代表「青池」など見どころ満載です。また大人の休日俱楽部のコマーシャルで一躍有名になった「鶴の舞橋」も五能線の沿線 ...

前面展望列車 観光列車

2022/4/1

リゾートしらかみ号 くまげら編成

五能線を走る観光列車「リゾートしらかみ」。現在、「青池」「橅」「くまげら」の3種類の車両で運転されています。ここではくまげら編成の車内の雰囲気や車内イベント・予約方法、お薦め座席や混雑状況、車両別の運転日や時刻表・停車駅・運賃料金等をご紹介しています。五能線は世界遺産に登録された白神山地をはじめ、「日本の夕陽百選」に認定されている「千畳敷」や日本海の海蝕崖・海蝕洞の大小の奇岩が連なる海岸地形や十二湖の代表「青池」など見どころ満載です。また大人の休日俱楽部のコマーシャルで一躍有名になった「鶴の舞橋」も五能線 ...

前面展望列車 観光列車

2022/4/1

リゾートしらかみ号 青池編成

五能線を走る観光列車「リゾートしらかみ」。現在、「青池」「橅」「くまげら」の3種類の車両で運転されています。ここでは青池編成の車内の雰囲気や車内イベント・予約方法、お薦め座席や混雑状況、車両別の運転日や時刻表・停車駅・運賃料金等をご紹介しています。五能線は世界遺産に登録された白神山地をはじめ、「日本の夕陽百選」に認定されている「千畳敷」や日本海の海蝕崖・海蝕洞の大小の奇岩が連なる海岸地形や十二湖の代表「青池」など見どころ満載です。また大人の休日俱楽部のコマーシャルで一躍有名になった「鶴の舞橋」も五能線の沿 ...

観光列車

2022/4/3

観光列車「藍よしのがわトロッコ」号に乗って吉野川の流れに沿って徳島を満喫

観光列車「藍よしのがわトロッコ」号はJR四国で2020年10月から運行を開始しました。藍よしのがわトロッコ号は徳島線の徳島と阿波池田を1日1往復(運転日注)しています。この徳島線は世界三大潮流1つ鳴門にも近く、秘境で知られ小便小僧で有名な祖谷峡の玄関口阿波池田まで通じています。途中駅には合格祈願で行かれる方もいる「学」駅があります。この藍よしのがわトロッコ号に乗車して来ましたので車内の様子を交えながら予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・座席表・オススメ座席などをご紹介したいと思います。 運転日 ...

観光列車

2022/4/11

尾道へは観光列車etSETOra(エトセトラ)号で瀬戸内の絶景を楽しみながらぶらり旅

観光列車etSETOra(エトセトラ)号はJR西日本で2020年秋から運行を開始しました。このetSETOra(エトセトラ)号は2019年まで瀬戸内マリンビュー号として活躍していた車両をリニューアルして運行しています。etSETOra(エトセトラ)号の走る山陽本線や呉線の沿線には日本三景の安芸の宮島や古い町並みが残る竹原、広島の平和記念公園・原爆ドーム、坂の街尾道と見どころが満載です。この観光列車etSETOra(エトセトラ)号の往路に乗車する事が出来ましたので車内の様子を交えながら予約方法・運賃・料金・ ...

観光列車

2022/4/3

龍馬脱藩の道をたどる観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」

「ものがたり」シリーズ第3弾として2020年7月にデビューした観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」。運転区間は2019年まで運行していたトロッコ列車「志国高知 幕末維新号」を継承して土讃線の高知と窪川を1日1往復(運転日注)しています。この志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり号の上りの開花の抄に乗車して来ましたので車内の様子を交えながら予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・座席表・オススメ座席などをご紹介したいと思います。 運転日 志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり ...

観光列車

2022/4/6

めでたいを乗せて和歌山に走る観光列車「めでたいでんしゃ なな」の車内へご案内

南海電鉄では2014年11月から加太線沿線の魅力を発信する「加太さかな線プロジェクト」を進めています。この一環として、7100系電車をリニューアルし、「加太の鯛(たい)」と「淡嶋神社の縁結び」をイメージしたピンク色の「めでたいでんしゃ さち」を2016年4月から運行。2017年10月からは、加太の海をイメージし、車内外に海の生き物や仕掛けを施した水色の「めでたいでんしゃ かい」を運行しています。さらに2019年3月からはこの「さち」(女の子)と「かい」(男の子)が結婚し、夫婦になりその子供の「めでたいでん ...

Translate »

© 2022 楽鉄